ECコンサルティング

person writing on spiral notebook

オンラインショップの立ち上げ、運用で

お困りではないですか?

オンラインショップ立ち上げにおける問題

「インターネット上で、商品を販売してみたい!」そんなお店はたくさんあると思います。

そんなお店が「さあて、どうやってインターネット上にお店を出そうか?」と考えたとき、その選択肢は、、、

  • 「Amazon」「楽天市場」などに代表されるオンラインショッピングモールへの出店?
  • 「BASE」「STORES」「Shopify」などに代表されるクラウド型ショッピングカートで自社ショップ立ち上げ?
  • 「EC-CUBE」に代表されるパッケージ型ショッピングカートシステムをフルカスタマイズしてECシステム構築?

などなど、その数は、ざっと数えただけでも数十種類、さらにそれらのサービスを組み合わせて運営することも考えると選択肢はかなりの数になります。

また、選択肢の数の多さだけでなく、これらの ECプラットフォームは、それぞれが競争しながら、日々、機能やサービスの向上(変更)による進化を続けており、選定条件も刻々と変化します。

プロでも難しい、ECプラットフォーム選択 !

そんな状況の中で、自分のお店に最適なECプラットフォームを選択することができるでしょうか?

実を言うと、お店に最適(BEST)なECプラットフォームを見つけ出すことは、プロのECコンサルでも簡単ではありません。ましてや日頃ショップ運営を行っているお店のオーナーが、BESTな ECプラットフォーム を選択することは、かなり難しいと思います。

まずは小さく始められる「クラウド型ショッピングカート」を選択!

では、どうやって、最初の難関であるECプラットフォームをうまく選定し、オンラインショップをオープンすれば良いのでしょうか?

スタッフ5名ぐらいまでの小さなお店に、私がおすすめしたいのは、「安くて簡単なクラウド型ショッピングカートを選択して、さっさと初め、ゆっくり育てる」方法です。

そう、どうせ難しいのなら、なるべく低コスト、低リスクで始められる「クラウド型ショッピングカート」を選択し、可能な限り早くオンラインショップをオープンしたのち、トライ&エラーをしてゆっくりお店を育てる。投資額も少ないので、どうしてもダメな場合はさっさと撤退!こんなやり方が、あなたのお店にとって、良い結果を招くことが多いと感じるからです。

新しくオンラインショップを始める場合、多くのお店では、経験豊富なオンラインショップの専任スタッフを配置することは難しいと思います。おそらくスタッフのうちの誰かが、今までの業務と兼任で、オンラインショップの運営を担当することになるのではないでしょうか?

そんな状態で、無理にオンラインショップを始めてしまうと、あなたのお店の既存業務を圧迫するだけでなく、在庫切れや発送遅延などでお店の信頼を失いかねません。なによりも担当スタッフが忙しすぎては、オンラインショップ作業のモチベーションがあがりません。

そうならないためにも、駆け出しのオンラインショップでは、以下のような配慮が重要だと感じます。

  • BEST(最高)でなく、BETTER(良い)と思われるECプラットフォームを選択し、小さく早く始めること。
  • 店が小さいうちは、ショップオーナーやスタッフがオンラインショップ運営に慣れる期間として利用すること。
  • できれば、オンラインショップ運営が楽しいと思えるような環境づくりに重点を置くこと。

幸い、「BASE」「STORES」「Shopify」などに代表されるクラウド型ショッピングカートは、高機能・低価格化が進み、3,000円/月程度の予算感で、信じられないほど簡単にオンラインショップのオーナーになることができます。

しかもそのオンラインショップは、初期段階から十分なショッピング機能があるだけでなく、あとから、「Amazon」や「楽天市場」などのオンラインショッピングモールと連携して、複数のお店をインターネット上に出店し売り上げアップすることも可能です。

オンラインショップ運用における問題

オンラインショップを運営する時間とモチベーションを継続して確保できるか!?

このように「BASE」「STORES」「Shopify」などに代表されるクラウド型ショッピングカートを利用し、スタッフが頑張れば、あまり費用をかけずにあなたのお店をインターネット上に出店できます。

ただし、あなたのお店にオンラインという新たな商流ができるということは、

  • 今までと違う広範囲の客層(顧客)に対し、商品やサービスを公開し
  • WEBやSNSを使って多くの人に知ってもらい
  • インターネット上で24時間購入してもらえる仕組みを運用し
  • オンラインショップの販売状況を把握して改善する

というような、新たな作業が継続して発生することになります。

もっと具体的に実感して頂くために、更に具体的な作業で言い直すと

  • 全国(全世界)のお客様をリサーチしながら、売れそうな商品を仕入れて、商品の魅力を伝える静止画や動画を準備(撮影)し、ライティングを行い、商品説明ページにまとめる作業
  • ブログ、facebook/Instagram、Twitterなどの投稿で情報発信して、お店や商品・サービスに集客する作業
  • 注文が入ってきたら、決められた時間内に受注処理を行い、商品を梱包発送し、在庫管理を行う作業
  • Googleアナリティクスを利用して、アクセス解析を行い、オンラインショップの改善方法を導き出す作業

こんな作業を日ごろの業務に加えて行うことになります。

更に言うと、このようなオンラインショップ運用に直接関係する作業に加えて、この新しい作業を行うために必要な様々なツールの使い方、刻々と変化し続けるマーケティング方法、分析評価方法など、オンラインショップ運営に間接的に必要なたくさんスキルを身につけるために継続的に勉強する必要もでてきます。

「(自力で)オンラインショップを成功に導くためには、それなりに仕事が増えて、勉強時間もふえる」ということを良く理解し、人的リソースや業務を見直すなどの対策を立てる必要があります。

お店のスタッフが、この勉強時間とモチベーションを、うまく維持継続できる仕組みを作れるかどうかが、オンラインショップの成否の分かれ道になります。

ここまで記事を読んで「いや〜、そんなに大変なの、そんなのできないよ」と思ったお店のオーナーさんは、正直、自分でお店をしようと考えない方が良いかもしれません。既存店舗に注力する。もしくは、信頼できる誰かにオンラインショップをしっかりお任せすることを考えたほうが良いと思います。

「大変なのは分かってる、それでもお店の利益を上げるため何とかオンラインショップを作りたい!」そんな強い思いをもったお店のオーナーさん。次の段落に進んでください。オンラインショップを成功させる基本方針を記載します。

オンラインショップを上手に軌道に乗せるためには?

方針1)オーナー自ら作業時間を確保し、あせらず、着実に勉強する!

もっともコストをかけずに低リスクでオンラインショップを始める方法としておススメなのは、決裁権を持つショップオーナー自らが率先して、オンラインショップに関する知識を習得し、運営を実践することです。

ここで重要なのは、結果(売上アップ)を急がず、ゆっくりオンラインショップの運営に取り組むことです。

できれば趣味(遊び)感覚で取り組むことができれば、オンラインショップが軌道に乗るのは以外と早いと思いますし、運営を実践改善しながら、少しづつ他のスタッフに身につけたスキルを伝えれば、お店のスタッフみんなで増えた業務の負担をうまく分担し、オンラインショップを無理なく運営する体制をつくれると思います。

習得しないといけないスキルは沢山あります。下表「オンラインショップ運営スキル一覧」に必要なスキルをまとめていますので、ひとつづつ修得していってください。ちなみに私の場合、毎日2時間程度と時間を決めて、これらのスキルの習得時間を確保しています。

スキル修得方法
ライティングスキルまずは商品をわかりやすく説明する文書を書けるようになる必要があります。
書籍やWEBサイトで文章の書き方を勉強してください。
撮影・編集スキル     次にカメラや照明を駆使して、商品紹介やSNSマーケティングなどに必要な写真や動画を撮影し、編集できるようになることをお勧めします。(高いカメラは必ずしも必要ではありません。最近はスマホカメラを駆使してきれいな写真や動画を作る人もたくさんいます。)
Adobe Photoshopなどの画像編集ソフトを利用すれば商品写真をより魅力的に加工することができますので是非勉強してください。
またもし可能ならば、Davinci Resolveなどの動画編集ソフトを利用して、商品説明動画を作成できるようになれば、よりリアルに商品の魅力を伝えられるようになります。
マーケティングスキルオンラインショップが立ち上がったら、ホームページやブログなどのWEBページ、facebookやInstagram、Twitter、Pinterestなどの拡散力の高いSNS、YouTubeやTikTokなどの動画サイトなど、まずは無料で集客できるメディアに自分の商品説明を投稿する方法を勉強してください。一気にすべてのSNSを開設することは難しいので、スタッフひとりづつに担当を割り振るなどして、無理せずメディアに投稿してもらえるような体制を作ることをお勧めします。
解析・評価スキル オンラインショップ で販売を開始したら、必ずGoogleアナリティクス(ウェブマスターツール)など利用して、オンラインショップへのアクセス状況を把握し改善する必要があります。Googleアナリティクスは王道の解析ソフトなので、書籍やブログ、YouTubeなどで多くの解説が見つかります。自分がやりやすい方法を見つけて勉強してください。
勉強のポイントとしては、どんな数値を知りたいのかを明確にしてから、その解析方法を紹介している解説を探し勉強すると修得が早くなると思います。
オンラインショップ運営スキル一覧

どうでしょうか、、、ここまでこの記事を見て、それでも、自力で運営してみようと思われたショップオーナーは、自力でオンラインショップ運営できる可能性が高い方だと思います。是非チャレンジしてみてください。

また、もしよければ私と一緒に勉強しましょう、一人より二人で勉強したほうが楽しいし、習熟は早いと思います。以下の「問い合わせフォーム」や「Kuscs 公式Twitter」に、お気軽に連絡してください。

方針2)オンラインショップ立上げ・運営をプロにサポートしてもらう!

いやいや、オンラインショップを始めたい気持ちはあるけれども、そこまで自分で勉強するつもりもないし、そんなに時間もかけられない、、、というオーナーの方も多いのではないでしょうか?

そんな方は、自分でできることと、自分ができなことを明確にして、できないことはプロにお任せしてしまいましょう。どうしてもコストは上がってしまいますが、結果としてそちらの方が早くコストを回収できるようになる可能性もあります。

お任せできるプロがいない方は、是非、私「kuscs」にコンサルティングをさせて下さい。きっとご期待に応えることができると思います。

立上げ、運用を支援する「ECコンサルティング」サービス

ECコンサルティング サービス概要

「kuscs」では、クラウド型のオンラインショッピングサービスを中心に、自社でもオンラインショップを運営することにより、オンラインショップ業界やショッピングカートシステムの最新動向を常に顧客目線で体感しながら、オンライン販売での収益をアップする方法を、コツコツ研究し続けています。

その研究と結果として私が得た知識を、皆様がオンラインショップで勉強する代わりに、皆様の知識として有効活用させて頂きたいと思っています。

ではどうやって 「kuscs」 の経験を皆様にお伝え(ECコンサルティング)するか?
「kuscs」 の コンサルティングサービスは、お客様の疑問(できないこと)、オンラインショップをとりまく環境の変化に合わせて刻々と変化するものであり、一概にこれという定型的なサービスではありません。

下図のような、 オンラインショップ立ち上げ、運用時に必要な作業の中から、お客様が必要とする支援内容を取捨選択して、コンサルティングするサービス形態をとっています。

そう、支援が必要な時、必要な分だけ、あなたのお店い寄り添って、友達感覚でサービスするので、余計なコンサルティング費用がかかりません

ECコンサルティング サービス詳細

現状把握商材やお店のコンセプト、商流(業務フロー)、仕入在庫、販売、顧客管理方法などをヒアリングし、お客様のビジネスを正確に把握します。
ショップ企画お客様と、ネットショップに割ける費用、人的資源などを検討し、いくつかのカートシステムを選定の上、ネットショップ概要を企画・提案します。
サイト設計企画したネットショップ概要に沿って、ネットショップごとに、取り扱う商材情報や商材説明、販売・配送方法などのコンテンツを検討、ページ設計などを行います。
運用検討ネットショップを公開した後に発生する集客・ショップ運用・サイト更新などの作業を想定し、対応法を検討します。他システムとの連携があればここで検討します。

ECコンサルティングサービスに関するご相談

ECコンサルティングサービスに関するご相談は無料でおこなっております。以下のフォームからお気軽にご相談ください。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。